身長が低い人の為の着こなし講座

サイジングを完璧にすることのメリット、背が低い人の体にもジャストフィットするサイズの洋服の選び方

ホーム > 身長が低い男(メンズ)の洋服の選び方 > ジャストサイズを選ぶこと

身長が低い男(メンズ)はジャストサイズを選ぶこと

背の低い人が陥りがちな典型的な駄目ファッションが、「自分の体格より一回り大きなサイズの服を着ること」です。ダボっとしたファッションは、体型にメリハリがなく足が短く見えてしまうので、身長の低い人にとっては致命的。

細い人と太い人のシルエット

身長を低く見せない為の基本は、「自分の体型にぴったり合ったジャストサイズの洋服を着ること」です。ファッションに関しては、大が小を兼ねることはありません。

身長が165cm以下の場合の洋服のサイズはだいたい「S」です。
もちろん、Mサイズでもぴったり合う洋服はあるので、自分の体格に合ったサイズというのを知っておきましょう。

洋服のサイズを示す項目は以下の通り。

身幅・袖丈・着丈・肩幅の位置

この中で特に重要なのが「着丈」と「肩幅」。
着丈と肩幅のサイズがしっかり合っていれば、よほど特殊な体型してない限り、他の部分が合わないということはないので、上記の二点のサイズだけは抑えておきましょう。

肩幅を合わせよう

下の写真は肩幅のサイズが合ってない例。

適したサイズより肩幅が大きいパーカーを着た画像

洋服の肩のラインが大きく下がってますよね。
そのせいで、凄くだらーんとした印象になってます。

適したサイズの肩幅のパーカーを着た画像

この写真だと、肩の位置と洋服の肩のラインが揃ってますね。
すっきりした印象です。

肩幅のおおよその目安は以下の計算で算出できます。
(※体型は人それぞれですので、手持ちの洋服の中から自分の体型にしっかり合った洋服を参考にサイズを測るのが最も間違いのないやり方です)

肩幅の目安(普通体系) = 身長 × 0.25
【例】 165cm → 41.2cm

着丈を合わせよう

下の写真は着丈の長さが合ってない例。

適したサイズより着丈が長いテーラードジャケットを着た画像 適したサイズの着丈のテーラードジャケットを着た画像
おすすめは「

左の画像と右の画像、どちらが良いですか?
左の画像は全体的にやぼったく、だらしない感じです。それぐらい着丈の長さはたった数センチで印象が変わってくる重要な部分です。

着丈の長さの目安としては、後ろから見てお尻に少しかかるぐらい。
もちろん、洋服のデザインやコーディネイトによって違いはありますが、これが定石。

着丈のおおよその目安は以下の計算で算出できます。
(※体型は人それぞれですので、手持ちの洋服の中から自分の体型にしっかり合った洋服を参考にサイズを測るのが最も間違いのないやり方です)

着丈の目安(普通体系) = ((身長-20)×0.875 )÷2
【例】 165cm → 63.4cm

スポンサードリンク