身長が低い人の為の着こなし講座

背を低く見せないためのジーンズ(ジーパン)・チノパン・パンツ・ズボン・スラックスの着こなし

身長が低い男(メンズ)のズボンの着こなし方

ジーンズ(ジーパン)・チノパン・スラックスなど、ズボンには様々な種類がありますが、太めのシルエットのズボンではなく普通のストレートタイプを選ぶことが身長をを低く見せないポイントです。

ストレートジーンズを履いた画像 太めのジーンズを履いた画像

背の低い人に限って体系を隠そうと、左の画像のような大きめで太いズボンを選びがちです。しかし、人はイメージや目の錯覚から「細いものは長く、太いものは短く」といった捉え方をしていますので、むしろ逆効果。ダボダボな着こなしは、更に足を短く見せてしまいます。

とは言っても、身長が低い場合、細すぎるシルエットやスキニータイプも逆に全体的なバランスが悪くなりがちですので、普通のストレートタイプやブーツカットタイプを選びましょう。

ジーンズなら、以下のモデルがおすすめ。

■Levi's(リーバイス) →
■EDWIN(エドウィン) →
■ユニクロ → スリムフィットストレート

ブーツカットは裾が少し広がったシルエットをしており、錯覚で脚が長く見える効果があります。しかし、裾上げ具合や調整によって見え方も随分変わったりもしますので、できるだけ一本目はストレートタイプを選びましょう。

色は、黒・茶・グレイ・ベージュまでにしておき、視点が足元に向きやすい白や派手目の色は避けましょう。

また、基本的にハーフパンツや七分丈・サルエルパンツといったアクセントの強いズボンは、ファッションとして割り切る時以外、短足に見えるので避けた方が無難です。カーゴパンツのようなズボンを履きたいときは、トップにタイトな服を着て「Aライン」を意識したシルエットを作るようにすることで、バランスの良いスタイルに見せることが出来ます。

スポンサードリンク